駿河台文芸 Surugadai Bungei
ニュース 会員募集・編集者募集 募金  ● 駿河台座談・インタビュー  ● 駿河台書評  続・書評   ● 文学見学会履歴

会員募集

 

駿河台文学会への入会に当たり、年齢、性別、居住地、国籍、経歴等は当然のこととして問いません。希望すれば、誰でも加入することが出来ます。

本会の内容と会員の要件は、以下の会則に定めるところです。

 

加入希望者はご自身の住所、氏名、電話番号、ファクス番号と明治大学在籍年及び在籍学部学科名を記入して、下記会則の本部宛に葉書もしくはファクスでご連絡下さい。

 

駿河台文学会会則・抄

(昭和56年、57年、63年改正)

 

第一条    本会は駿河台文学会と言い、本部を 173-0011 東京都板橋区双葉町22の8

  の403多田方(FAX03-3964-8548)におく。

第二条    本会は明治大学に在籍した者(大学院・短期大学・附属中高校・教職員を含む)

並びに在学生及び会員によって推薦された者を以って会員とする。

第三条    本会は会員相互の連絡を密にし、親睦の増大を計ると共に、広義の文学活動を

 することを目的とする。

第四条   本会の事業は次の通りとする。

  1.会報の発行、定期文芸誌の刊行。

2.研究会、討論会、座談会、講演会等の開催。

3.その他必要と認める事項。

第九条  会費は年額7000円とする。但し、必要に応じ臨時会費をとることができる。在学生は年額3000円とする。

第十条  本会の会計年度は4月1日より3月31日までとする。

第十一条 会則の変更はすべて総会において決定する。

第十二条 本会は下記の帳簿を備えるものとする。

1.会員名簿。

2.金銭出納簿。

  3.その他必要と認める帳簿。

 


編集者募集

 

1.編集者は会員の中から選ばれますので、希望者は先ず駿河台文学会に加入して、会員になる必要があります。

2.希望者の仕事は、文芸同人誌「駿河台文芸」および会報「駿河台」の編集業務全般となります。

3.希望者は同人誌の編集を行うのであり、仕事としての対価を期待できるものではありません。

4.希望者は少なくとも以下の要件の内、二つ以上を満たすことが望まれます。

a.文芸作品を読む習慣があり、文学に興味を持っている。

b.雑誌編集の経験があるか、編集業務に興味を持っている。

c.初期段階のパソコン操作には通じている。

d.グーテンベルク以来の紙に印刷された書籍の時代の次に来る「電子書籍の時代」に

於いて、同人雑誌が生き延びて行ける「しくみ」を提案できる。


 Copyright © 2010 SURUGADAIBUNGEI All Right Reserved